2014年3月31日月曜日

『漫画家 上村一夫の世界 〜昭和の絵師と呼ばれた男〜』展 @京都嵯峨芸術大学 附属博物館


今年も京都での展示が決まりました。
それも大学内の博物館。初めての試みです。
きっかけは昨年の京都恵文社一乗寺店での「モダニスト 上村一夫の世界」にて。
大阪で長年上村一夫をコレクションしてくださっているN氏と一緒に展示を観に来てくださったのが今回の企画をすすめてくださった京都嵯峨芸術大学 学芸員のM氏。漫画にも造詣深い氏が、上村作品に興味を持ってくださったことは記憶しておりましたが、まさか大学で展示させていただけるとは!
常々、今の若い世代に上村一夫の漫画やイラストを観ていただき、その反応を知りたいと思っているので、絶好の機会と思いました。
そうと決まったらまず展示場所を拝見、と京都を訪れたのが小雪ちらつく二月のこと。
N氏のありがたくも楽しい送迎にて訪れた嵐山。ゆったり流れる桂川のほど近く、なんとも風情ある場所に京都嵯峨芸術大学はありました。
その立派な設備と静かな空間、学校にいることを忘れてしまうような時間でした。
上村一夫の軌跡を簡潔に集約して観ていただけると確信。
なかでも魅力的だったのが博物館展示でよく使われるガラスケース。せっかくなので是非使わせていただきたい!...と思い、この度、究極の品を展示させていただくことになりました。
それは…上村一夫が生前、盟友・高信太郎さんに贈った直筆春画羽織。上村エロス究極の逸品です。
実際、私も実物を見たことはなく、今回高夫人にお願いしてお預かりしたわけですが...まあ凄く綺麗です。モロですけど。芸術か猥褻か、これを大学の展示で公開してもよいものだろうか悩みましたが、公開します。18禁になると思いますが悪しからず。
その他、 上村一夫の漫画家としての軌跡を辿る濃密な展示物多数展示予定です。
一般の方の観覧ももちろんできますので、京都にお越しの際は是非お立ち寄りくださいませ。

『漫画家 上村一夫の世界 〜昭和の絵師と呼ばれた男〜』展
会場:京都嵯峨芸術大学 附属博物館
会期:2014年6月15日(日)〜7月27日(日)
会期中展示替予定(7月7日より)
開館時間:10:00~17:00
入館料:無料
休館日 :日曜日(6月15日・7月27日を除く)

京都嵯峨芸術大学 附属博物館
所在地:〒616-8362 京都市右京区嵯峨五島町1番地 本部キャンパス研究棟1階
TEL:075-864-7898

2014年3月28日金曜日

電脳MAVO

今年は来るべき上村一夫没後30年に向けてひたすら考える年にしよう、などと思っていたのも束の間、嬉しい企画がいくつか進行中。
メモリアルイヤーのことは復刻活動しながら考えることに。
あぁ、のんびりしている暇はなかった。
まずは配信のお知らせです。

明日3月29日(土)昼から、「電脳MAVO」で『完全なる答案用紙』を配信します。

老若男女、デジタル好きにもアナログ派にも一度アクセスして欲しいと思います。
データは当時のカラー原稿そのままに再現しました。
電脳MAVOおもしろいです。
編集家・竹熊氏の独断で選ばれたと思われる作品群、カラフルで楽しいバナー、
ストレスのないシステム、広告もない無料配信。
わかりやすくて読みやすくておもしろいところに惚れました。
まさにオンラインコミック。久しぶりに雑誌で漫画を貪り読むような感覚です。

配信漫画はまだまだ発展途上だと思います。
もっと多様に、そして洗練された形になっていくといいと思います。
電脳MAVOはその可能性をチラつかせてくれたサイトです。


「完全なる答案用紙」の初出は1970年10月18日号の少年マガジン。
画像はKONFUNKさんの写真から。(今ちゃん勝手にすみません)







2014年1月11日土曜日

命日

1月11日は上村一夫の命日です。
今年も横須賀へ墓参りに出かけました。
1のゾロ目の日から私の一年は始まります。

その後、墓参りに付き合ってくれた友の新しい家族に会いに三浦まで。
海を見て、新しい家族のその小さい手を握ったら希望の光が見えたような。

山の上にある墓前からの景色

三浦の海

1月10日から26日まで、神保町・書泉ブックタワー4階で
上村一夫の複製画を展示させていただいています。
複製画の展示に併せ、復刻した書籍と美女画グッズの販売もしています。
点数は多くありませんが、新旧の漫画溢れる人気の書店さんで
作品を取り上げていただいていることはとても嬉しいことです。
機会がありましたら是非お運びくださいませ。

上村一夫版画展
・開催場所/神田神保町・書泉ブックマート4F(東京都千代田区神田神保町1-21-6)
・開催期間/2014年1月10日(金)〜1月26日(日)
・営業時間 /平日 10:30~20:30、日・祭日 10:30~19:00


今年も上村一夫の作品をいろいろな形で復刻できたら、と思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。








2013年12月30日月曜日

いよいよ発売!「離婚倶楽部」下巻!

大変長らくお待たせ致しました。
いよいよ「離婚倶楽部」下巻の発売となりました。
本日届いた見本誌です。


年の瀬に思わず掃除と料理の手を止めて読み耽りました。
下巻はすべて単行本初収録の作品ばかり。
この切なく、哀しく、やるせない気持ち。どうしたらいいのでしょう。
唯一の救いは上村一夫本人の登場シーン。(この人も実際は相当哀しみを抱えていたのでしょうけれど、、、)



巻末の森田敏也さんの解説や、離婚倶楽部資料室を読んでいろいろ納得。
勉強になります。

40年近くの年月を経て、この『なにも起こらない物語』を復刻してくれたまんだらけに心から感謝します。ありがとうございます。

そして上村一夫ビブリオテークシリーズ01〜03の全員プレゼントのお知らせです。
「悪の華」・「離婚倶楽部」上巻・「離婚倶楽部」下巻 3冊のシュリンクに貼付の
応募券2枚で豪華プレゼントが!
「悪の華」連載直前の1974年、同じ『漫画エロトピア』誌に発表された
「淫婦変幻」(岡崎英生・作)、「煉獄の少女」(岡崎英生・作)、「陰獣の湖」、
の三作品などをまとめた冊子です。
実はこれは個人的にとても楽しみにしています。
是非ご応募くださいませ。
詳しくは、まんだらけ特設ページまで。

今年も上村一夫の復刻を見守っていただきまして、ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

上村 汀





2013年11月25日月曜日

木枯し紋次郎ふたたび

あっしには関わりのねぇことでござんす...
1972年に股旅旋風を巻き起こした木枯し紋次郎の名台詞。
笹沢左保先生の名作を見事に描いたのは時代劇の巨匠、小島剛夕先生、影丸穣也先生、
そして上村一夫作品からは、股旅劇画として「中山峠に地獄をみた」(1971年・少年
マガジン)が収録されています。
上村作品にしては珍しい男性主人公の時代劇。 斬るか斬られるか、渡世人の過酷な
旅の物語ではありますが、そこに吹く風を感じられるような作品です。

●「木枯し紋次郎ベストコレクション 地獄を見た紋次郎 」
発売日:2013年11月20日
出版社:リイド社
原作:笹沢左保
画:小島剛夕、影丸穣也、上村一夫
サイズ:B6(384ページ)
定価:500円 (税込)
詳細はコチラ
Amazon


2013年10月15日火曜日

久しぶりの更新・近況など

五月以来の更新とは酷すぎる。
理由のひとつは「離婚倶楽部」下巻の発売延期。
発売日を告知できるようになったら更新を、と思っていたがそうもいかなかった。
出版する側もいろいろと事情があると思うので、そこは敢えて触れずにいる。
ただ、待っていてくださる方もいらっしゃると思うので、そろそろ発売日を決めなくてはいけない。

また、今年前半は、京都・恵文社と神楽坂・artdishで原画展示をさせていただき、それぞれ内容の異なる、そしてどちらも充実の内容で開催することができた。
多くの出会いがあり、関わる人達の愛情を感じ、小冊子やグッズも新たに作ることができた。
予想以上に満たされてしまった反動で今に到っていることは否めない。

そうはいっても。
表向きには上村一夫の名前に「オフィス」を付けて仕事っぽくしているが、要は父の描いた漫画原稿やイラストをどう遺していくか、ということを考えていくだけのことなのである。
面白くもあり胡散臭い、不思議なライフワークだ。
誰よりも「粋」を大事にしていた父の性分を思えば、あまりムキになってやることでもないのかもしれない。とも思う。

しかし、ありがたいことに復刻を持ち望んでくださる方々が日本のみならず、海外にも存在してくれる昨今。
当時、原画や原稿は、忙殺の日々のなか仕事場の押し入れに押込められ、出版社の倉庫にはいまだ眠ったままのものすらあるが、引き継いだ家族が原稿原画を整理して日本に世界に発信するしかない。課題は多いがやりがいはある。

きっと思いは通じるし、良いものは残っていく。
そう信じてDNAと会話しつつ繋げていきたい。どこまでも。

2013年5月4日土曜日

離婚倶楽部マッチと同棲時代ミニステッカーの通販はじめました

「離婚倶楽部」の復刻を記念して作られたマッチと、「同棲時代」今日子をモチーフにしたステッカーの通販を開始しました。

上村一夫オフィシャルサイト

マッチは、ボックスタイプ1個とブックタイプ2個の3個セットで250円、
ミニステッカーは今日子のデザイン2種で300円です。
メール便にも対応しています(送料全国一律80円)
どうぞよろしくお願いします。